オフィス街(黄)

              天湘国際特許事務所

あなたは人目の訪問者です。


WhatsNew

知的財産解説

初心者の頁

知的財産部門考

 発明等知的財産は天然資源に代る日本の資源です。天湘国際特許事務所は知的財産を通じて皆さんの発展に寄与することを念じております。

1.知的財産の役割
 特許・商標等の知的財産は、消極的には保険と見ることができますが、それだけではない、積極的意義があります。突然警告を受けたときの対抗手段・攻守いずれにも使える便利な平和的武器、それが知的財産です。

2.知的財産と社会
 ビジネス特許が脚光を浴び、業界を問わず特許出願がされるようになってきています。自由化・規制緩和・不況の波の中で、職業人にとって、知的財産とは無縁ではいられない社会が到来しています。

3.知的財産への関わり
 継続は力なり。知的財産権を持っていて良かったというときが来るかもしれません。そのためには、努力や注意を継続することが肝要です。

<天湘国際特許事務所の指針>
1.知的財産は、専門的で難しいと感じる方が居られると思いますが、知的財産を理解して事業発展に役立てようとするには、ある程度の知識が必要です。
 でも、当事務所では、この知識を最小限で済むようにし、バックアップ体制を完備しています。
 ”依頼者の安心”が当事務所のモットーです。

2.最近の法改正の頻度は極めて多く、ソフトウエア発明を物とみなす法改正や、明細書の記載の様式も変動しています。当然に当事務所は的確にこれに対応しています。

 天湘国際特許事務所は、1980年に弁理士笹井浩毅による笹井特許事務所から出発し、何回かの組織変更を経て、天湘国際特許事務所として要員7名にて発展的に新出発をしたもので、現在弁理士 2名を擁しております。


WhatsNew

知的財産解説

初心者の頁

知的財産部門考


会員ページ
(パスワードが必要です)



事務所紹介


Since 2000.11.01

直線上に配置
メール アイコン
メール


直線上に配置