オフィス街(黄)

              天湘国際特許事務所

   知的財産部門の課題                        
                            
                            
明細書仕様

『戦略的発明を生み出すには』
<目次>
1 知的財産・特許部門はサービス業
 何はさておき情報発信
2 技術者を洗脳せよ
 技術者を知的財産・特許部門に組み込む   教育による能力UP
3 発明の誕生と育成
 違いのあるところに発明あり
4 戦略的発明とは
 利用性、有用性が特許戦略の要、
  特許性への配慮は不要
5 特許情報
 特許情報は情報の王様
 特許電子図書館・インターネットを使いこなす


<本論>

1 知的財産・特許部門はサービス業

−1 特許(知的財産)部門のサービス性

 知的財産・特許部門が技術者に対しどのように情報を流し、また受けとるかが課題である。

 消極的サービスで終っている知的財産・特許部門はないだろうか、

 発明を吸い上げて権利化するための手続をする。発明したことについて相談を受ける。発明対象の従来技術を調べて特許性を判断する。これらはみな、消極的サービスに過ぎない。待ちの姿勢からは戦略的発明は生れにくい。

 積極的サービスとして知的財産・特許部門は、何はさておき関係部門の技術者に効果的に情報発信をしなければならない。情報は、単に大量に流すだけであったり断片的であってはならず、軽重を付け、統計的な解りやすい形式になっていることが肝要である。

「広報あるいはプレゼンテーション」という意識を持たなければならない。

−2 発信する情報はモラールアップや現状認識につながるもの

  1.自社の技術的位置付け(競争社との比較を含む)
  2.自社の得意な技術、不得意な技術の分析
  3.開発トピックス
  4.特定の技術分野の傾向
  5.自社の有力発明の紹介など

2 技術者を洗脳せよ

 技術者は必ず発明をする。だが、発明に対する技術者の理解度はまちまちである。技術者の意識を高めて技術者を知的財産・特許部門に組み込むことが企業の開発力、競争力、のUPにつながる。

−1 正確な情報を与えること

 単に特許公報を回覧したのでは、技術者の自発的な努力に頼ることになり、情勢分析について甘かったり辛かったり、真面目に取り組む者取り組まぬ者、発明を課題評価する者過小評価する者、バラつきが大きくなる。情報を整理し、技術者の頭に整然と入るよう加工した情報をインプットする。

−2 特許情報を正しく理解するための教育

 特許情報を把握していないのは技術者の恥である。しかし、現状では恥ずかしい技術者が少なくない。もっとも、これを解らせるのは知的財産・特許部門の前記したような情報発信に負うところが大きい。

 そこで、発信した情報を正しく理解できるよう、特許文献の読み方について教育し、また、大量の文書を分析的に読む訓練を行ない、情報受取り能力を高める。

 i 特許公報の記載事項から何を読み取るかの教育
  隅から隅まで特許公報を観察すれば、多くの情報が得られることを知らしめる。
 ii 明細書の読み方の教育
  技術者は特許文献は読みにくいと不満をもらす。しかし、読み方を知らないからであり、形式が画一化されているのでこんなに読みやすい文書はない。

 ただし本当に読みにくいものもある。請求の範囲の構成に符号を付してみる、詳細な説明中で符号を見付けにくいものは悪文書である。そのまま読んでもよく解るものが良文書である。符号を付けて読んでみたら一層よく分かる。

* 短時間で明細書の内容を把握する手順
  先ず請求の範囲を読む、解りにくかったら、詳細な説明の従来技術を読んで請求の範囲と対比する。これで90%の明細書は読み取れる。
* 請求の範囲の階層構造を理解させるには、
  請求の範囲を構成要件に分けて見せる。多項の場合は各項の相違を対比して書き出す。

3 発明の誕生と育成

 発明は当該技術のプロがするものである。発明は技術者の身近で生れている。日常の技術活動の延長として発生するものと、技術活動の中で発想の転換により発生するものがある。

 i 違いのあるところに発明がある。
  設計変更点、苦労した点、配慮した点、よくなった点、この4点を洗えば発明が浮き上がってくる。技術者による発明の認識には頼らない方がよい。
  ii 課題を認識したとき発明が生れる。
 困っていること、能率の悪いこと、怠けたいこと、危ないこと、使いたい新技術、を認識する。
  iii ニーヅを優先する。
 どんなに技術的に優れていても、ニーヅに応えていないものは発明としての価値がない。
  iv 日頃からシーヅを探索しておく。
 前記情報発信を通じて技術水準を把握し、自企業の展開方向を読めばシーヅは判明する。
  V 日常の技術活動のなかで、気持を高く大きく持ち、発想の転換をすることで画期的な発明が生れる。

4 戦略的発明とは
    利用性、有用性が特許戦略の要、
   特許性への配慮は不要

−1 多分野に使えるなど利用範囲の広いもの

−2 大量生産に適するなど数量につながるもの

−3 避けて通れない必須の技術であるもの

−4 誰でもが欲しくなる魅力的なもの

−5 目を見張るような画期的なもの

5 特許情報

 特許情報は情報の王様であることはいうまでもないことである。
  特許電子図書館・インターネット・各種資料やツールを使いこなすことが肝要である。

−1 各種資料

  i 特許庁、発明協会が発行する資料(公開・登録公報だけではない)
    1 周知慣用技術集(技術分野別にシリーズ)
    2 技術分野別出願動向(毎年発行)
    3 出願系統図(技術分野や視点を変えてシリーズ)
    4 技術動向シリーズ(技術分野別にシリーズ)
    5 国公有特許の利用法
    6 技術取引とロイヤルティ
    7 内外国工業所有権公報類解題目録
  ii SDI    大手調査会社で各種あり

−2 データベース
     データベース名     ベンダーあるいは検索システム
        1 PATOLIS       JAPIOから民営化予定
        2 INPADOC       JAPIO
        3 WPI           DIALOG
        4 CA            DIALOG

−3 特許電子図書館

   公の知的財産情報は、特許電子図書館で決まり。これさえあればほかは要らない。

−4 外国情報

    1 米国特許庁
    2 IBMホームページ




直線上に配置